1. トップページ
  2. 進学で1人暮らしをする学生の引っ越しやることリスト

進学で1人暮らしをする学生の引っ越しやることリスト

大学や専門学校など進学で1人暮らしをする学生向けの引っ越しやることリスト
をまとめました。

主に高校を卒業して新生活を始める人を対象として作りました。
ですので携帯電話の契約や銀行口座の開設が引っ越し後に入れてあります。

・・・というか、私が大学のために上京したときにやったことを
思い出して全て洗い出してみたので、多少の時系列はご了承ください。
(私は高校時代バイトもしていなかったので銀行口座も持っていませんでした)

なお、既に1人暮らしをしており、2度目の引っ越しになる場合には、
普通の引っ越しやることリストの方が正確ですので、そちらを参照してくださいね。

こちらも以下のリンクからPDFをダウンロードできるようにしていますので、
ダウンロード→印刷をして活用してください。

引っ越しが決定後~1日前まで
引っ越しが決定後~1日前まで

引っ越し当日~引っ越し後14日以内まで
引っ越し当日~引っ越し後14日以内まで

やることリストの使い方

  1. リンクからPDFを表示(orダウンロード)する
  2. 印刷をする
    (できれば冷蔵庫など普段よく見る場所に貼っておこう)
  3. やらなくて良い手続きは先に黒マジックなどで消しておく
    (チェックボックスにチェックを入れておいてもOK)
  4. やるべきことが完了するごとにチェックボックスに赤ペンなどでチェックを入れる
  5. 全てチェックが付いたら引っ越し完了!

私も新生活を始めたときは何をどこから手を付けて良いかわからず、
必要に応じて何度も役所に足を運んでいた
のを覚えています。

とはいえ、今思うと何であんなに面倒なことをしていたのかなー
と自分の知識不足を残念に思えます。

やはり、気持ちよく新生活をスタートさせるためにも、
新しい環境作りはパパッと済ませるようにしてくださいね。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し侍」。

引越し侍はユニークなテレビCMなどでもお馴染みの大人気サービスで、
これまでの見積もり依頼件数は4,089万件を超えています。

大手から地元業者まで、契約業者数は業界トップの290社以上
(他のサービスよりもと比べも圧倒的に多い)

全国の引越し業者のなかから、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。

また引っ越し侍には「ネット見積もり比較&予約サービス」があり、引っ越し情報(移動距離や運ぶ荷物など)を入力することで、最大22社までネット上で概算見積もりを比べられますよ。

しかも、このサービスは電話番号やメールアドレスの登録は必要なし!
気になる業者が見つかったときだけ、電話番号を登録して、予約すればOK♪

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

荷物量の入力なし!最短30秒で見積もり請求ができる
パパッと見積もり請求を済ませたい方にオススメなのが「引越しの達人」です。
入力がとっても簡単で、運んでもらう荷物を入力する必要がありません。また各種割引券や荷造り代行1時間無料など、独自の特典が多いことも魅力!急ぎで複数の業者に見積もり請求をしたいにオススメです(ただし、登録後には業者から電話がかかってくるので要注意)!

引っ越し業者から電話を掛けてきて欲しくない人は・・・
リクルートが運営している一括見積もりサービスが「SUUMO」です。SUUMOも全国の引っ越し業者に一括で見積もり依頼をすることができます。SUUMOは電話番号の登録が任意のため、メールで完結したい方、登録後に業者から大量の電話がかかって来てほしくない方にオススメですよ!

引越し侍の料金が安くなる事例

電話番号の登録が任意!「SUUMO」はこちら

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について