1. トップページ
  2. 新居探しのコツ

新居探しのコツ

まだ新居が探せないという方もいるはずです。
そのような人は今すぐにでも探しはじめなければいけません。

探すときの注意事項は、あなたの住みたい家に住むこと。
これ以外はありません。

なぜなら、住居の好みは人それぞれ。支払えるお金も希望する条件も人それぞれ。
その点については誰もあれこれ言う権利はありません。

参考例として、私が求めた条件を挙げるのであれば

パパッとパパの希望条件

  • 駅から近い
    通勤が電車だったので、出社・帰宅時間のことも考えて駅から近い場所を中心に探しました。
  • コンビニが近くにある
    やはり、コンビニは最高に便利。駅が近いと大体あるよね。
  • スーパーが近くにある
    コンビニよりもこちらの方が重要。毎週買い出しに行くことを考えると、
    スーパーは近くにある方が絶対良いですよ!
  • ビデオレンタルショップ・本屋など
    ひとり暮らしの時は特に重宝していました。何度も引っ越しをするちに、
    暇な時間を潰せる場所は重要だと感じました。
  • 飲食店
    仕事帰りに食事を作るのが面倒な場合やコンビニご飯も飽きてしまった
    場合のことも考えて、パパッと立ち寄って食べれる場所は欠かせません。
  • 部屋の防音がある程度しっかりしている
    家に友達を呼んで飲むのが好きだったのと、子供ができてからは子供が泣いても
    騒いでも良いように、部屋の防音は気にしました。

私も一番初めに引っ越した場所は、これらのことを一切考えずに新居を選んでいたので、
かなり悲惨な場所に住んでいたんですけどね。

そのような経験から、私は新居を選ぶときには
長期的に住むことを前提に考えるべきだと考えています。

例えば、スーパーも月1回程度しかいかないのであれば、多少遠い場所でも問題ないかもしれませんが、これが毎週末・2週間に1度というペースで行くことになると、スーパーに行く負担がどんどん増していくんですよね。

短期的ではなく、長期的なことを考えて新居を選ぶと、ずっと快適な生活ができます。ぜひ、そのような視点をもって家を探すようにすると良いと私は思いますよ。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、運んでもらう荷物の入力も必要なし!30秒で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引っ越し業者から電話を掛けてきて欲しくない人は・・・
リクルートが運営している一括見積もりサービスが「SUUMO」です。SUUMOも全国の引っ越し業者に一括で見積もり依頼をすることができます。SUUMOは電話番号の登録が任意のため、メールで完結したい方、登録後に業者から大量の電話がかかって来てほしくない方にオススメですよ!

引越し侍の料金が安くなる事例

電話番号の登録が任意!「SUUMO」はこちら

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について