1. トップページ
  2. 即日の引っ越しはできる!今日中に引っ越しをするための方法を紹介

即日の引っ越しはできる!今日中に引っ越しをするための方法を紹介

会社から急に転勤を言われた人、離婚などの問題で緊急に引っ越しをしたい人、引っ越しするけどまだ業者が決まっていない人など、今日中に何としても引っ越しをしなければならない場合、どうすれば良いか、何からすべきか、焦りますよね。

即日に引っ越すためには、まず、引っ越し業者の手配をすべきです。即日の引っ越しの場合、対応してくれる業者を早急に見つけることがカギです。

このページでは、即日に引っ越しをするための方法について解説します。

即日の引っ越しはできます!まず業者を探しましょう!

今日、業者を探し、引っ越しをすることはできるか?

・・・結論、今日中に引っ越しをすることは可能です。今日中に引っ越すために、具体的にやるべきことは次の3つです。

  1. 急いで今日中の引っ越しに対応してくれる業者を探す(引っ越し方法を決める)
  2. 荷造り&不要なものを処分する
  3. 優先順位の高い手続きを済ませる

それぞれについて、解説をしていきます。

とにかく大事なのは引っ越し業者探し!急いで探し始めましょう。

今日中に引っ越すために、急いでやって欲しいのが「業者探し」です。

引っ越しできるかどうかは、業者を見つけられるかどうかで決まります。業者のスケジュールが埋まっていれば、対応してもらうことができません。

とにかく急いで業者を探しましょう!

業者を見つけられるかは、時期・時間・地域によって決まる

即日対応をしてくれる業者があるかは、「時期」「時間」「地域」によって違います。具体的には、次のようなパターンがあります。

時期

就職・転勤・進学シーズンである3・4・8・9月の即日の引っ越しは、かなり厳しいです。大手の業者ほど、引っ越しの予約でスケジュールが埋まっています。

また、月末の引っ越しも、予約が混雑しがちです。旧居の家賃が月末までかかることが多いからです。旧居と新居の家賃がダブルで発生するのを避けるため、月末は引っ越しが集中します。

時間

深夜の引っ越しは、業者から断られることが多いです。トラックの音や搬出・搬入のときの業者の声・足音などで、周囲の住人に迷惑をかけてしまいます。

どうしても夜に引っ越す場合は、灯りの確保が重要です。搬入は、照明器具から行い、取り付けてもらいましょう。その際、懐中電灯は必須アイテムです。

また、周囲に住む人に、事前に挨拶しておくことをオススメします。そうすれば、多少の物音なら、大抵は大目にみてもらえますよ。事前の挨拶は、トラブル防止に効果的です。

地域

単身&同一市内などの近距離の引っ越しは、比較的業者が見つかりやすいです。トラックに空きスペースがあれば、荷物を運んでもらうことができますよ。

東京や大阪、京都、名古屋などの都市の引っ越しなら、さらに業者が見つかる可能性が高いです。人工の規模に応じて、引っ越しのトラックの数も多いからです。

このように、引っ越しの時期・時間・地域によっては、即日の引っ越しは厳しいかもしれません。・・・とはいえ、ひるんでいても仕方ありません。とにかく業者を探しましょう!

一括見積もりサービスを使って、一度に即日対応ができる業者を探そう!

急いで業者を探すとしても、業者1社1社に電話をかけるのは、かなり面倒です。

対応してくれる業者を見つけられないまま、時間ばかりが過ぎていく可能性が大。また、業者から足下を見られ、高い見積りを受けるかもしれません。

そこで便利なのが、一括見積りサイト

一括見積りサイトを利用すれば、複数の業者から一発で見積りをとれますよ。また、即日の引っ越しに対応してくれる業者からのみ連絡がくるため、時間をムダにしません。

一括見積りサイトを利用して複数の業者の見積りを見比べれば、早く安い業者を見つけることができます。

即日の引っ越しでは「荷造りサービス」を依頼しよう!

即日の引っ越しの場合、荷造りサービスの利用もオススメです。

自分で全て荷造りするのは、時間がかかります。業者に荷造りから手伝ってもらえば、短時間で荷物をまとめることができます。

引っ越し先で滞りなく生活を始めたいなら、荷ほどきサービスも利用すると、さらに便利です。

業者が見つからない場合は宅急便or自力での運搬を

荷物が少ない場合、宅急便で荷物を送ったり、マイカーやレンタカーで自分で荷物を運んだりする方法もあります。

対応してくれる業者が見つからないときは、荷物の量を抑えて、宅急便や自力での引っ越しを検討しましょう。

業者が決まったら荷物の整理を始めよう

業者が決まったら、すぐに荷物の整理を始めましょう。

荷造りを業者に依頼する場合でも、不要品の処分はmust。運び出す物が多いと、それだけ費用が高くなってしまいます。具体的にやって欲しいのは、次の3つです。

不要なものはガンガン捨てていこう

不要なものはガンガン捨てて、荷物を減らしましょう。荷物が減れば、荷造り・荷ほどきもラクになります。不要品は、住んでいる自治体のゴミ収集センターで処分できますよ。

大事なもの・壊したくないものは自分の手で梱包を

業者の荷造りサービスを利用する場合でも、大事なもの・壊したくないものは、自分で梱包しましょう。

自分の手でしっかり梱包すれば、壊れるリスクを下げることができます。また、どの箱に入れたかすぐに分かるので、新居ですぐに中身を確認できます。

大事なもの・壊したくないものは、自分で厳重に梱包しましょう。
梱包方法についてはこちら→パパッとパパ直伝!必殺の梱包テクニック

少し時間があるなら、売れるものを売りに行こう

時間に余裕があるなら、不要品をリサイクルショップに持って行くのもオススメです。買い取ってもらえれば、引っ越しや新生活の足しになります。

時間に余裕がある場合は、ゴミ収集センターに行く前に、リサイクルショップに立ち寄ってみると良いでしょう。

とはいえ、今日中の引っ越しでは、時間がないかもしれません。その場合は、不要なものの処分を最優先にして、引っ越しの準備を進めましょう!

余裕があるなら優先順位の高い手続きを済ませよう

荷造り・不要品の処分を済ませたら、必要な手続きを行いましょう。優先順位が高い手続きから済ませることが大切です。具体的には次の通りです。

優先順位の高い手続き一覧

項目やり方場所補足
現住宅の解約(退去連絡)電話管理会社電話で解約を伝えましょう。
固定電話の解約&新住所での契約ネットor電話-ネットから手続きを
水道の解約&新住所での契約ネットor電話-新住所の水道局は管理会社に確認を
ガスの解約&新住所での契約ネットor電話-新住所のガス会社は管理会社に確認を
電気の解約&新住所での契約ネットor電話-新住所の電気会社は管理会社に確認を
プロバイダーの契約変更ネットor電話-時間がかかるので早めに手続きを
郵便局の転居届け直接郵便局旧住所から新住所への転送手続きを
転出届け直接現在の市役所現住所の市役所で手続きを
印鑑登録の手続き(現市役所で)直接現在の市役所現住所の市役所で手続きを
健康保険の資格喪失届け直接現在の市役所現住所の市役所で手続きを
子供手当の手続き(現市役所で)直接現在の市役所新住所の市役所で手続きを
子供の転校手続き(現在の学校)直接現在の学校現在通っている学校で

それぞれについて、簡単に解説します

住まいの手続き

  • 退去の連絡

不動産会社への退去の連絡は、できるだけ早くしてください。(基本は退去の1ヶ月前までに連絡を入れることになっています)

月の途中に解約する場合、月末まで家賃がかかることが多いです。ただ、大家さんや不動産会社によっては、理由を話すことで日割りにしてもらえる可能性もあります。

また、時間的に厳しくても、旧居の状態チェックは、できる限り立ち会うことをオススメします。立ち会えなかった場合、部屋の修繕費として過剰な請求を受ける可能性があります。

なお、新居にすぐに入居できない場合は、荷物保管サービスがある引っ越し業者を選ぶと良いですよ。

ガス・水道・電気などの手続き

  • ガス・水道・電気の解約・契約
  • インターネット(プロバイダー)の手続き
  • 郵便局の転居届

旧居のガス・水道・電気の解約・契約も早めに行いましょう。

ガスの開栓は、立ち会いが必要なことが多いです。事前に確認しておけば、スケジュールの調整がしやすくなります。

新居でインターネットを使う場合は、その手続きも忘れずに。ただ、インターネットの環境が整っていない物件では、開通工事のために時間がかかる可能性があります。

また、郵便局で転居届を出しておきましょう。転居届とは、郵便物を新居に送ってもらえるサービスです。スマホ上から手続きすることもできますよ。

参考:水道・電気・ガスの解約と新居での手続き方法
参考:誰でもできる!インターネットの開通方法!

子供の転校手続き

  • 子供の転校手続き

子供がいる場合は、転校手続きが必要です。引っ越し先の学校に子供を通わせるには、まず引っ越す前の学校で手続きを行わねばなりません。

手続きは新しく住む場所の市役所でやることができます。手続きをしなければ、新しい学校に通うことはできないため、転校手続きは早めに対応するようにしてください。

参考:小学校・中学校・高校の転校の手続き(公立・私立)

引っ越し後にすべき手続き

  • 転出届、各種福祉関係の手続き
  • クレジットカードや銀行口座、各種保険の住所変更
  • 運転免許や車の住所変更

旧居の転出届や各種福祉関係の手続きは、できれば、引っ越し前に済ませておきたいところ。ただ、時間の余裕がない場合は、郵送でも対応してもらえます。引っ越し後、14日以内に済ませましょう。

クレジットカードや銀行口座、各種保険の住所変更は、郵送やネットから手続きすることができます。

運転免許証や車の住所変更は、引っ越し先で行えばOK。具体的には、運転免許証の住所変更は、引っ越し先の警察署または運転免許センターで行います。車の住所変更は、車種に応じて管轄運輸局または管轄軽自動車検査協会で行います。(参考:自動車の住所変更について

即日の引っ越しの場合、とにかく時間の余裕がありません。

後日、郵送やネットから手続きできるもの、引っ越し先で手続きしてもOKなものは後回しにして、優先順位の高い手続きから済ませましょう。

なお、必要な手続きの詳細は、引っ越しやることリストをチェックしてくださいね。
参考:引っ越しやることリスト!パパッとパパ直伝!

まとめ

即日の引っ越しは、急いで業者探しをすることが大切です。何よりも最優先で引っ越し業者を探しましょう。

一括見積りサイトを使えば、一発で複数の業者に即日対応が可能かを確認することができ、かつ安い業者を早く見つけることができますよ。

業者を探したら、不用品の処分や、各種手続きをパパッと終わらせましょう。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、運んでもらう荷物の入力も必要なし!30秒で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引っ越し業者から電話を掛けてきて欲しくない人は・・・
リクルートが運営している一括見積もりサービスが「SUUMO」です。SUUMOも全国の引っ越し業者に一括で見積もり依頼をすることができます。SUUMOは電話番号の登録が任意のため、メールで完結したい方、登録後に業者から大量の電話がかかって来てほしくない方にオススメですよ!

引越し侍の料金が安くなる事例

電話番号の登録が任意!「SUUMO」はこちら

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について