1. トップページ
  2. 一人暮らしの女性が安心して引っ越しをするための方法と費用

一人暮らしの女性が安心して引っ越しをするための方法と費用

これから一人暮らしをしようと考えている女性は、引っ越しに様々な不安を持つものです。

あなたが安心して引っ越しをするためにも、引っ越しの「方法」「費用」「注意点」をしっかりと理解しておくことがとても大切です。疑問や不安を早い段階で解決するようにしましょう!

このページでは一人暮らしを考えている女性が引っ越しをするときに、知っておくべきポイントをお話していきます。

1.女性が安心して引っ越しをするために知っておくべき3つのポイント

引っ越しをするときには「引っ越しの費用」だけに注目してしまいがち。しかし、女性が1人で引っ越しをするには「引っ越し料金」以外にも知っておくべき3つのポイントがあります。

それが次の3つです。

  • 安全に暮らすための部屋選び
  • 信頼できる引っ越し業者の探し方
  • 新生活を始めるためにやるべき手続き内容

女性が安心して一人暮らしができるように、引っ越し時の大切なポイントを知っておきましょう。

2.女性が一人暮らしをする部屋を選ぶときに大事なのは「安全性」

女性が1人暮らしの部屋を探すときには、まず「家賃の安さ」に注目しがちです。もちろん毎月かかる家賃は安く抑えたいものです。

しかし、女性が一人暮らしの部屋を探すときには、「家賃の安さ」だけでなく、「安全性」も忘れてはいけません。

いくら家賃が安くても、安全性にかけたお部屋を選んでしまうと、引っ越し先で怖い目に遭うこともあるかもしれません。

そのため、お部屋探しをするときには、次の3つにも気をつけてください。

  • 1階や角部屋は避ける(泥棒などに狙われにくい)
  • 夜、自宅に帰るまでの道が暗すぎないか確認を (帰り道に街灯・お店などがあるか?)
  • 隣にどのような人が住んでいるか知っておく(女性や子連れの家族が住んでいると安心)

お部屋選びをするときには、安さだけではなく「安全性」も忘れないようにしてください。

3.安心してお願いできる引っ越し業者の探し方

引っ越し先が決まったら、さっそく引っ越しの準備をしていきましょう。

女性が引っ越すときには、1人で重いに荷物を運ぶのはとても大変。そこで、引っ越しをするときには「引っ越し業者」を使うことをオススメします。

しかし、引っ越しをしたことのない女性からすると、何を基準にして引っ越し業者を選べば良いのかよく分かりませんよね。。。

女性が引っ越し業者を選ぶときには、次の3つのポイントに注意してください。

  • 料金はいくらかかるか?
  • 女性向けのオプションサービスが使えるか?
  • 希望日に引っ越しすることができるか?

安心・安全に引っ越しをするために「業者選びのポイント」を1つずつ解説していきます。

3-1.まずは引っ越し料金の相場を知ろう

引っ越し業者を選ぶためにも、まずは引っ越し業者の料金相場を知りましょう。

引っ越し料金は「移動距離」「荷物の量」「引っ越しの時期」によって、業者ごとに料金が変わります。以下に料金相場をまとめました。

移動距離 単身(荷物量:普通)単身(荷物量:多め)
オフシーズン繁忙期オフシーズン繁忙期
近距離(20km以内)37,805円49,147円44,315円57,610円
近距離(50km以内)43,595円56,674円45,980円59,774円
中距離(100km)56,775円73,808円60,000円78,000円
長距離(200km)60,642円78,835円63,213円82,177円
長距離(300km)74,112円96,346円81,394円105,812円

※参考:引っ越し侍HP(https://hikkoshizamurai.jp/type/women/

ただ、引っ越し料金は、業者によって変わってきます。そのため、全ての引っ越し業者の料金が以下の金額ではありません。

3-1-1.引っ越し業者を選ぶときには『アイミツ』が基本!

料金の相場は知っても、できることなら、相場よりも安く引っ越したいもの。

そこで、料金の安い引っ越し業者を探すためには、複数の会社から見積もりを取る(=アイミツをする)ことが鉄則です!理由は、業者によって得意分野が違うからです。

一人暮らしが得意な業者、遠距離or近距離が得意な業者など。同じ距離や荷物量でも料金は全然違います。

できるだけ料金の安い業者に依頼するためにも、複数の業者から見積もりを取り、料金を比べることを忘れないでください(詳しいやり方は後述します)

3-2.女性向けのオプションサービスもチェックしよう!

次に、女性が引っ越しをするときには「女性向けのオプションサービス」があるかどうかもチェックしておきましょう。

女性向けのオプションサービスには具体的に、次のようなものがあります。

  • 女性スタッフを指名することができる
  • 盗撮・盗聴のチェックサービス
  • 引っ越し後のお部屋掃除サービス

女性ならではのオプションサービスを使うことで、より安心して引っ越しをすることができます。

引っ越し業者に「これだけは絶対にお願いしたい!」というサービスがあるなら、そのサービスを使える業者を選ぶようにしてくださいね。

3-3.希望日に引っ越しができるか?

最後に、あなたが引っ越しをしたい希望日に引っ越しをすることができるのかも大事です。

いくら条件の良い引っ越し業者を見つけても、あなたの希望日に引っ越しができなかったら意味がありませんからね。特に就学や転勤など、何かしらの事情で、すぐに引っ越しをしたい場合は、希望日に引っ越しができるかが大事なポイントになります。

業者を探すときには、希望日に引っ越しができるかどうかも、料金やオプションサービスとあわせて確認するようにしてください。

3-4.一括見積もりサービスで、3つのチェックポイントを一度に確認しよう!

ここまで、引っ越し業者の選び方についてお話していきました。

この3つのポイントに注意して1社1社引っ越し業者を確認する必要があります。しかし、3つのポイントを1つ1つの業者に確認をするのはとても時間がかかってしまいます。

そこで、一度に全ての情報を確認するために「一括見積もりサービス」を使うことをオススメします。

一括見積もりサービスは、複数の引っ越し業者の「料金」「女性向けのサービスの有無」「引っ越し希望日での対応」を一発で確認することができます。

※なお、女性向けのサービスの有無では、次のように登録時の備考欄(その他要望)に、希望するサービスがあるかどうかを入力することで回答してもらえます。

aaaaaaaa

登録する時間も、わずか5分程度で完了します。たった5分で複数の業者にチェックポイントを確認できるので、とても楽チンです。

無料で使うことができるので、引っ越しをするときには、必ず使うべきサービスです。引っ越し業者を探している方は、ぜひ使ってみてください。

4.引っ越しに必要な手続き内容

最後に、新生活に向けた引っ越しの準備と各種手続きについて解説します。

引っ越しをするときには、役所&インフラ(電気・ガス・水道・インターネット)関係の手続きが、少しややこしいです。そこで役所・インフラ関係の手続きを以下にまとめました。

やること手続き先必要書類
(市外の場合)
転入届の提出
地域の役所・役場・転出証明書
・印鑑
(同一市内の場合)
転居届の提出
地域の役所・役場・印鑑
印鑑登録の手続き地域の役所・役場・印鑑
・身分証明書
国民健康保険への加入地域の役所・役場・印鑑
・転出証明書
・身分証明書
国民年金の登録地域の役所・役場・印鑑
・国民年金手帳
母子手帳の登録変更地域の役所・役場・印鑑
子供(児童)手当ての手続き地域の役所・役場・印鑑
・振込先の口座番号
・前年度住民税の課税証明書
または所得証明書
・請求者本人の健康保険証
運転免許の住所変更警察署or運転免許センター・印鑑
・住民票
自家用車の住所変更引越し先の管轄運輸支局・印鑑
・車検証
・車庫証明
・住民票
軽自動車の住所変更引越し先の管轄軽自動車検査協会・印鑑
・車検証
・車庫証明
・住民票
バイクの住所変更地域の役所・役場・車検証など
子供の学校の転校届け教育委員会&通う学校・住民票
・転入学通知書
・在学証明書
・教科書給与証明書
電気の利用開始の連絡郵送使用開始連絡はがき
水道の利用開始の連絡郵送使用開始はがき
or水道使用開始申込書
インターネットの開通プロバイダー会社

さらに細かく、引っ越しでやることを知りたいのであれば、次のページを参考にしてください。
参考:引っ越しやることリスト

やることリストをPDFでダウンロードできるようにしています。紙に印刷をして、チェックしながら、引っ越しの手続きを進めていってください。

4-1.荷物を梱包するときに気をつけるべき3つのポイント

一人暮らしの女性が引っ越しの準備をするときには「荷物の梱包方法」にも注意して欲しいポイントがあります。ここでは、自分の荷物を梱包するときの3つの注意点を紹介します。

4-1-1.見られたくない荷物は包んで梱包すること

引っ越し時に下着などの荷物を業者のスタッフ(特に男性)には見られたくないですよね。

そこで見られたくない荷物(下着など)は、紙や中身が見えない袋に包んでから梱包するようにしましょう。

透明や透けているカラーBOXなどに下着をまとめて入れている場合も、中身を紙袋などに詰めてから、再度カラーBOXにして、外から何が入っているのかを見えないようにしてください。(カラーBOXのフタが開かないように、テープ類で固定しておくことも忘れずに)

また、梱包作業を全部業者にお願いするときでも、下着などについては自分で先に梱包してしまうことをオススメします。そうすれば、安心して梱包作業を依頼することはできますからね。

4-1-2.ダンボール1個の重さは1人で持ち運べる程度に

荷物を梱包するときのダンボールの重さは「1人で持ち運べる重さ」が基本です。

理由は、引っ越し後の荷物の整理を楽にするためです。

配置を引っ越し業者にお願いしない限り、引っ越し後は、自分で荷物の整理をしなくてはなりません。そのときに、ダンボール1個の重さがあまりにも重いと、部屋の整理をするときにとても大変になります。

また、引っ越し後の部屋で、ダンボールの移動を減らすためにも、荷物を梱包するときには、部屋(場所)ごとに荷物を梱包することをオススメします。

例えば、お風呂や洗面所まわりのもので1つ、キッチンで1つ。。。というように、スペースごとにダンボールを分けられるとGOODです。

引っ越し後のことまで考えて、ダンボールの重さは「あなた1人でも持ち運べる重さ」に調整するようにしてくださいね。

4-1-3.使わないものをドンドン処分しながら梱包を

女性は男性に比べて、どうしても洋服や小物などの荷物が多くなります。

そのため、引っ越し時のダンボールの数がとんでもない量になる女性は多いです。なかには過去の想い出の品をいつまでも残している女性もいますが、引っ越し時のダンボールの数が増えると、それだけ引っ越し代が高くなります。

そのため、この機会で不要なものや、普段全く使っていないものは一度に処分するようにしましょう。特に、着ていない洋服・見ていない想い出の品・使わない調味料・タオル類・元カレとの想い出の品(笑)などです。

不要なもの・使わないものを処分しながら梱包することで、荷物をスッキリさせることができ、それが引っ越し代を安くすることにも繋がりますよ。

※その他、梱包するときの注意点はこちらも参考にしてください。
パパッとパパ直伝!必殺の梱包テクニック

5.まとめ

いかがでしたか?1人暮らしの女性が安心して引っ越しをするためには「家賃の料金」や「引っ越し費用」以外にも「安全性」がとても大切です。

引っ越し時や引っ越し後も安心できるように、使う業者や女性向けの引っ越しサービスを重視するようにしましょう。

また、少しでも安くあなたの希望に合った引っ越し業者を選ぶためにも、複数の会社から見積もりをとること(アイミツをすること)はとても大切です。

あなたが安心して新たな生活を迎えるために、女性の引っ越しの安全性や注意点を理解して、引っ越しの準備を進めていきましょう!

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、運んでもらう荷物の入力も必要なし!30秒で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引っ越し業者から電話を掛けてきて欲しくない人は・・・
リクルートが運営している一括見積もりサービスが「SUUMO」です。SUUMOも全国の引っ越し業者に一括で見積もり依頼をすることができます。SUUMOは電話番号の登録が任意のため、メールで完結したい方、登録後に業者から大量の電話がかかって来てほしくない方にオススメですよ!

引越し侍の料金が安くなる事例

電話番号の登録が任意!「SUUMO」はこちら

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について