1. トップページ
  2. 新居先でも銀行や郵便局の口座は作ったほうがいい?

新居先でも銀行や郵便局の口座は作ったほうがいい?

県外・市外への引っ越しの場合、銀行や郵便局の口座は
改めて引っ越し先で作るべきか?

結論・・・作らなくてもOK。

私が東京から愛知に引っ越してきたときも住所変更をしただけで、
何も困ったことはありませんでした。

ちなみに私の場合、途中で銀行口座を作った支店が潰れてしまいましたが、
それでも生活には何も問題は出ませんでした。

ということで、引っ越したからと言って、
わざわざ郵便局や同じ銀行の違う支店で口座を開設する必要はないのです。

だがしかし!

自分の身近な場所に、その銀行の支店やATMがない場合は、
新たに銀行口座を開設した方が良いでしょう。

というのも、

私がこれまで東京使用していたのは、
みずほ銀行の口座(キャッシュカード)でした。

が、東京ではみずほ銀行の支店はたくさんあるものの、
愛知県には支店がほとんどない・・・

となるとコンビニのATMを毎回利用することになったのですが、
そのたびにちょこちょこ手数料が取られていく・・・

チリも積もれば山となるというように、
105円の手数料も10回で1,050円、100回で10,500円・・・

銀行の口座に預けていてもこんなに貯まらないのに、
手数料だけで地味にお金が減っていく生活を送っていたのです。

しかも、支店に行く場合は、わざわざ名古屋(片道30~40分、電車賃は片道500円程度)まで行かなければいけないため、そこにも使いづらさを感じていました。

そこで私は家の近くに支店がある
三菱東京UFJ銀行に口座(キャッシュカード)を作ったのです。

このように住んでいる場所によっては、
郵便局やこれまで使っていた銀行の支店やATMがないというケースがあります。

ですので、そのような場合には新居先で新たに口座を作った方が
確実に便利で、お得に利用することができるということを覚えておいてください。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し侍」。

引越し侍はユニークなテレビCMなどでもお馴染みの大人気サービスで、
これまでの見積もり依頼件数は4,089万件を超えています。

大手から地元業者まで、契約業者数は業界トップの290社以上
(他のサービスよりもと比べも圧倒的に多い)

全国の引越し業者のなかから、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。

また引っ越し侍には「ネット見積もり比較&予約サービス」があり、引っ越し情報(移動距離や運ぶ荷物など)を入力することで、最大22社までネット上で概算見積もりを比べられますよ。

しかも、このサービスは電話番号やメールアドレスの登録は必要なし!
気になる業者が見つかったときだけ、電話番号を登録して、予約すればOK♪

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

荷物量の入力なし!最短30秒で見積もり請求ができる
パパッと見積もり請求を済ませたい方にオススメなのが「引越しの達人」です。
入力がとっても簡単で、運んでもらう荷物を入力する必要がありません。また各種割引券や荷造り代行1時間無料など、独自の特典が多いことも魅力!急ぎで複数の業者に見積もり請求をしたいにオススメです(ただし、登録後には業者から電話がかかってくるので要注意)!

引っ越し業者から電話を掛けてきて欲しくない人は・・・
リクルートが運営している一括見積もりサービスが「SUUMO」です。SUUMOも全国の引っ越し業者に一括で見積もり依頼をすることができます。SUUMOは電話番号の登録が任意のため、メールで完結したい方、登録後に業者から大量の電話がかかって来てほしくない方にオススメですよ!

引越し侍の料金が安くなる事例

電話番号の登録が任意!「SUUMO」はこちら

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について