1. トップページ
  2. 3つの引っ越し方法

3つの引っ越し方法

引っ越しをする方法は実は大きく3つあります。

この3通りの方法から選んで引っ越しをすれば良いのですが、
労力・作業時間のことを考えると、業者に完全に依頼するのがベスト!

・・・とはいえ、予算などにも事情があると思いますので、
どの引っ越し方法にするかを決めるため、それぞれの特徴について説明します。

業者に完全依頼

荷物を全て業者に依頼するパターン。これが王道ですね。
この場合、やることは荷物を段ボールに梱包することだけでOK。

完全に業者に依頼するのはコストは高いが、労力・時間がかからず、安全性も抜群!

大型の荷物(テレビや冷蔵庫など)から段ボールまでを全て業者の方が運んでくれるため、引っ越し当日はその進行を見守っているだけでOKです。

段ボールも業者に依頼をすれば用意してくれるため、梱包もスムーズに進みます。

特に家族で引っ越しをする場合や、重い荷物を運べない女性や高齢の方は業者に完全依頼することをオススメします!

とはいえ、3通りの引っ越し方法の中では一番お金がかかりますので、
少しでも節約をするために複数の業者から見積もりを取ることが重要!
(詳しくはこちら→複数の業者から見積もりを取らないと絶対損する理由

テレビCMでもお馴染みの「引越し達人」であれば、
一度の登録で複数の業者にパパッと見積もり依頼ができるので便利ですよ!

まだの業者を決めていない人は、すぐにでも見積もりを依頼してください。

業者に半分依頼

我が家の4回目の引っ越し方法。
(正確には、私の奥さんが一緒に暮らすときに使った方法)

これは大型の荷物(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・ソファーなど)だけを業者に
持っていってもらう方法。

それ以外の段ボールに詰められたものは、引っ越し日に軽トラをレンタルして、
友達の力を借りて、自分で持ってきました。(もちろん、私も作業員として狩り出されました、笑)

大型の荷物のみですので、
業者への完全依頼よりも安く済ませることができるのが特徴!

もちろん、業者を選ぶときには複数の業者から見積もりを取るように指示して、
さらに費用がかからないように段取りをしていました。

この方法のデメリットは

  • 段ボール分の運び出し&新居への搬入作業が発生する
    →旧居も新居も2階だったので本当に疲れました。
  • 自分でやるので物が壊れたり、汚れたりする可能性もある
    →壁の損傷と、食器が少し割れました。。。
  • 普段からトラックの運転になれていないと、怖い。。。
    →私は事故が一番心配でした。
  • 家の場所によっては軽トラックが入れないこともある
    →友達に聞いた話では近所に止めて、そこから荷物を運んだらしいが、
    本当に大変だったとのこと。

完全依頼と半分依頼の値段の差と当日の労力も踏まえて、
最終的にどちらを選ぶかを決めると良いですよ。

ちなみに、私の奥さんは
「次からは完全に業者に依頼する・・・」という結論でした。

自分の手で引っ越し

全ての荷物を業者を使わずに自分で引っ越しさせる方法です。
私の1・2回目の引っ越しがこの方法でした。

使うお金は軽トラックのレンタカー代(レンタル&ガソリン代)のみ!
2万円も見込んでいたら、十分足ります。

自分でやるのは労力と時間がかなりかかる。運転し慣れていないトラックの運転も危険

とにかく安く済みます!

とはいえ、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの移動には本当に疲れました。当時は大学生だったのでできたと思いますが、今では考えられません。

本当にお金がない人は自分の手でやるのは良いと思いますが、引っ越し代が出せるようであれば、業者に依頼することを強くオススメします。

★結論

  • 業者に完全依頼
    →とにかく楽!早い!複数の業者に見積もり依頼するのを忘れずに!
  • 業者に半分依頼
    →ひとり暮らしの人は良いかも!こちらも業者次第で値段が変わるの要注意!
  • 自分の手で引っ越し
    →体力と時間があるなら良い!ただし、軽トラになれていない人は
     本当に危ないので気をつけて!!!

パパッとパパ的には業者に完全依頼するのがオススメですけどね!
自分のお財布状況も踏まえて、引っ越し方法を考えてください。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し侍」。

引越し侍はユニークなテレビCMなどでもお馴染みの大人気サービスで、
これまでの見積もり依頼件数は4,089万件を超えています。

大手から地元業者まで、契約業者数は業界トップの290社以上
(他のサービスよりもと比べも圧倒的に多い)

全国の引越し業者のなかから、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。

また引っ越し侍には「ネット見積もり比較&予約サービス」があり、引っ越し情報(移動距離や運ぶ荷物など)を入力することで、最大22社までネット上で概算見積もりを比べられますよ。

しかも、このサービスは電話番号やメールアドレスの登録は必要なし!
気になる業者が見つかったときだけ、電話番号を登録して、予約すればOK♪

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

荷物量の入力なし!最短30秒で見積もり請求ができる
パパッと見積もり請求を済ませたい方にオススメなのが「引越しの達人」です。
入力がとっても簡単で、運んでもらう荷物を入力する必要がありません。また各種割引券や荷造り代行1時間無料など、独自の特典が多いことも魅力!急ぎで複数の業者に見積もり請求をしたいにオススメです(ただし、登録後には業者から電話がかかってくるので要注意)!

引っ越し業者から電話を掛けてきて欲しくない人は・・・
リクルートが運営している一括見積もりサービスが「SUUMO」です。SUUMOも全国の引っ越し業者に一括で見積もり依頼をすることができます。SUUMOは電話番号の登録が任意のため、メールで完結したい方、登録後に業者から大量の電話がかかって来てほしくない方にオススメですよ!

引越し侍の料金が安くなる事例

電話番号の登録が任意!「SUUMO」はこちら

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について