1. トップページ
  2. 間取りが1DKの部屋から引っ越す方法と料金を解説

間取りが1DKの部屋から引っ越す方法と料金を解説

1DKの部屋に住んでいる場合、荷物の量が極端に少なくも多くもなく、どうやって引っ越すのがベストか悩みますよね。特に、これから同棲や結婚、出産を予定している場合は、引っ越し費用もできるだけ抑えたいところ。

ちなみに、1DKの引っ越し料金の相場は、大体33,000~64,000円ほどです。しかし、これも人によって全然違います。

そこで、このページでは、1DKの部屋から引っ越しをする場合の最適な引っ越し方法と、できるだけ料金を安くする方法について解説します。

1DKの部屋からの引っ越しは、業者に依頼するのがベスト

「1DK」とは「1つの部屋+ダイニングキッチン」という間取りのこと。

キッチンと部屋の間にドアなどの仕切りがあり、キッチン用のスペースが4.5~8帖ほどある部屋ですね。(次のような間取りです)

ワンルーム~1LDKの部屋で暮らす人の引越しの荷物量
(出典:http://njkanri.com/wp/images/355e438c66e02cfb585c4240503af300.jpg

この部屋から引っ越す方法ですが、引っ越し業者に依頼することをオススメします。

Suumoの調査では、1DKの部屋に住んでいる人の荷物の量は、軽トラック~2.5tトラックに乗りきる程度が多いようです。というのも、1DKの部屋は、ワンルームや1Kの部屋より広く、都心部などでは、カップルや家族で住んでいる場合もあるため、荷物が多くなりがちだからです。

具体的な部屋ごとの荷物量をまとめたのが次の図です。

ワンルーム~1LDKの部屋で暮らす人の引越しの荷物量
(出典:https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/chousa/14.html

荷物量によってはレンタカーを借りて自分で荷物を運ぶ方法もあります。しかし、荷物が超少なかったり、相当な近場でなければ、自分で荷物を運ぶことはオススメしません。

自分の手で引っ越しをするのは、時間も手間もかかるため、相当疲れます。また、作業中の不注意で家の壁を傷つけたり、荷物を壊してしまったりする可能性もあるので、引っ越し業者に任せた方が、断然良いです!

実際、私も学生時代には自分の手で引っ越しをした経験があります。しかし、これは若く、時間も体力もあったからできたこと・・・社会人となった今、ゼロから荷物を梱包し、運び出し、荷ほどきする・・・というのは絶対無理です(笑)

ですので、1DKの部屋から引っ越しする場合は、業者に依頼することをオススメします。

引っ越し代の相場は、約33,000円~

では、引っ越し業者を使う場合、いくらぐらいかかるのか?

1DKからの引っ越す場合の、料金相場はSuumoによると33,000~64,000円ほどです。

料金は、引っ越しの時期や移動距離によって違うため、具体的な料金相場は、次のとおりです。

通常期(5~1月)繁忙期(2~4月)
~15km未満33,229円34,612円
~50km未満39,782円46,164円
~200km未満42,324円49,975円
~500km未満51,327円63,720円
500km以上68,300円64,127円

(出典:https://hikkoshi.suumo.jp/soba/madori_jiki/

2~4月は、進学・就職・転勤で引っ越す人も多く、料金が通常より高くなります。もし、引っ越し代を抑えたいのであれば、この時期は避けることをオススメしますよ。

あなたの引っ越しに最適な業者を探そう

実際に引っ越し業者に依頼するときは、数ある中から利用する一社を決め、申し込むことになります。

引っ越しの料金やサービス内容は、業者によって異なります。納得いく引っ越しをするためにも、あなたの希望にあった引っ越し業者を探してください。

1DKの部屋からの引っ越しに利用しやすい各業者のプランを紹介

ここで、1DKの部屋からの引っ越しに利用しやすい業者を参考として紹介します。

会社名荷物量輸送距離料金その他の条件
ヤマトホームコンビニエンス「おまかせフリー割サービス」15m3以内50km以内2万円台引っ越しの希望日として連続する5日間を指定し、その中から業者が日時を決定
アリさんマークの引越社「ミニ引っ越しプラン」3畳以内同一区内・同一市内の5km以内驚くほど安い料金が実現」との記載あり引っ越しの日時の指定は不可
赤帽3.93m320km以内13,500円(土日祝は16,200円)

これらは、荷物の搬出・搬入だけをを依頼するシンプルなプランの場合の料金となります。赤帽を使う場合は、あなたも搬入・搬出作業を手伝う必要があるので要注意です。。

依頼する業者は、複数の業者から見積りを取って決めるのが鉄則!

上記で紹介している会社はあくまでも参考です。というのも、荷物の量や移動距離などによって、料金というのは全然変わるため、必ずしも上記の料金で引っ越しができるわけではありません。

逆に言えば、紹介した引っ越し業者以外にも、もっと安い料金で引っ越しができるところもあるということです。

そのため、実際に依頼する業者を決めるときには、複数の業者から見積りを集め、料金を比べるのが基本です。

引っ越し業者というのは得意分野が違うため、複数の業者から見積もりを取ることで、一番安い会社を探すことができるのです。

ただ、1社1社から見積もりを集めるのは、とても大変です。

そこでオススメなのが「一括見積りサイト」です。

一括見積りサイトを使えば、1回の登録で複数の業者に見積りを依頼することができ、簡単に料金の比較をすることができます。

しかも、登録にかかる時間は5分程度で、無料でサービスを使えるため、引っ越しをするときには絶対に使うべきだと管理人は考えています。

引っ越しは色々なことにお金がかかります。一括見積もりサイトを使って、できるだけ安く引っ越しができるようにしてくださいね。

引っ越し代を節約するための3つのポイント

最後に、引っ越し業者の料金を少しでも安くするための3つのテクニックを紹介します。

具体的に引っ越し代を節約するためのポイントは次の3つです。

引っ越し代を節約するためのポイント

  • 不用品は処分する
  • 荷物の一部を自分で運ぶ
  • 平日の午後から引っ越す

簡単に言えば、引っ越し業者に運び出してもらう量を減らせば、それだけ料金を安くすることができるということです。

ですので、引っ越しの準備を進めるときには、使っていないものはガンガン捨て、自分で運べるものは自分で運ぶことで、できるだけ料金を安くできるようにしてください。

また、できるのであれば、引っ越しの予約が混み合う休日や午前の時間帯を避け、平日の午後からの引っ越しにするなど、「いつ引っ越しをするのか?」ということも考えて、引っ越し業者に依頼するようにしてください。

引っ越し&新生活の準備には、どうしてもお金がかかってしまいます特に、これから同棲や新婚生活を始めたり、子供が生まれたりする場合は、何かと出費がかさみますので、引っ越し代も気にしながら、引っ越し業者探しをしてください。

まとめ

1DKの部屋からの引っ越しをする場合は、とにかく引っ越し業者に依頼をすることをオススメします。

引っ越し代の相場は、33,000~64,000円ほどでできますので、仕事が忙しかったり、自分で準備することが難しかったりするのであれば、業者に依頼をして、楽に引っ越しを済ませましょう。

そして、引っ越し業者を探すときには、複数の業者から見積もりを取ることは忘れずに。一括見積りサイトを使えば、簡単に見積もりを集めることができますので、ぜひ使ってみてください。

できるだけパパッと引っ越しが終わるように、任せるところは任せ、自分でやるべきことに注力しながら、引っ越しを済ませるようにしてください。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単、運んでもらう荷物の入力も必要なし!30秒で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し料金がどれくらい安くなるかの事例を知りたい人は・・・
テレビCMでもおなじみの「引越し侍」は引越し料金がどれくらい安くなったのかの事例が豊富に紹介されています。 自分の引越し料金はどれくらい安くなるのか気になる方は引越し侍を使ってみるのも良いですよ。入力3分、無料で使えます。

引越し侍の料金が安くなる事例

引越し料金が安くなった事例が豊富な「引越し侍」

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

パパッとパパ直伝の引っ越しの裏ワザ

部屋のサイズごとの引っ越し方法

引っ越し関する豆知識

サイト運営について