1. トップページ
  2. 雨や台風だったらキャンセルできるの?

雨や台風だったらキャンセルできるの?

引っ越しは晴れの日にやりたい!
と思っていても天候だけはどうすることもできません。

もし、引っ越し当日に雨が降っていたら
引っ越しをキャンセルことができるのか?

結論、引っ越しをキャンセルすることはできます。
ですが残念ながらキャンセル料は発生します。

また延期にすることもできますが、
この場合でもキャンセル料を支払うことになります。

支払うキャンセル料としては以下のように決められています。
(延期の場合も同額が請求されます)

前日:見積もり記載の10%
当日:見積もり記載の20%

引っ越し業者は基本的に雨天決行であることを覚えておいてください。

なお、2日前に連絡すれば無料でキャンセルすることができます。

どうしても「雨は嫌だ!」という人は天気予報を見て、
2日前までにはキャンセルの連絡を入れると良いですよ。

台風や暴風だった場合はどうなるの?

しかし、雨天決行と言っても例外はあります。

引っ越し業者のルールとなっている「標準引越運送約款」では「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れその他の天災」のときにはサービスの提供を停止しても良いというルールが定まっています。

ただし、注意が必要があるのは、このような自然災害が起こったときに「サービスの提供を停止」を判断するのは引っ越し業者であることを覚えておいてください。

ですので、もし台風が接近している・既に暴風域に入っている・自然災害が起こった場合などは前日・当日に関わらず引っ越しをキャンセル・延期できるかを確認するようにしてください。

また、もし業者が引っ越し作業をやると判断した場合、雨で物が濡れてしまったとき、それが原因で壊れてしまったときの補償については詳しく聞いておくべきです。

とは言っても、雨をそんなに心配しなくても大丈夫

「雨は嫌だけど、キャンセル料はかかるし、しょうがないよね・・・」
と感じる方もいると思いますが、そこは心配しないでください。

引っ越し業者は素人ではありません。
これまでに何度も雨の中での引っ越し作業の経験もしています!

外に運び出したり・搬入するときには物が極力雨に濡れないように
梱包方法に工夫をして運び出してくれるので心配しないでください。

自分の手でもできる防水対策をしておこう!

それでも気になるという人は、自分でダンボールや家具・家電などを
ビニール袋などで包んで運び出せるように
すると良いでしょう。

もちろん、全ての物にビニールを被せるのは非情に大変なことなので、どうしても濡れたら困る物や濡れたら故障する可能性がある物を中心として雨対策用の梱包をすることをオススメします。

意外と忘れてしまうのが革製の製品ですね。

雨に濡れて、シミにならないように1つのダンボールにまとめて、
ビニールでダンボールを梱包するようにすると良いでしょう。

雨などは防ぎたくても防げるものではありません。
ある意味、そこは諦める必要があります。

あなたができることとしては、雨に濡れても良いように自分でできる防水対策をすることです。
気になる人は一手間掛けてやってみてくださいね。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し達人はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について