1. トップページ
  2. 引っ越し後~14日以内にやること

引っ越し後~14日以内にやること

荷物を運び終えたら引っ越しが終了!
・・・というわけではありません。

新しい生活を始めるためには、各種役所などへの手続きをする必要があります。

引っ越し後~14日以内までのやることリスト(ダウンロードはこちら)

やること 手続き先 必要書類 手続き方法 手続き者
(市外の場合)
転入届の提出
地域の役所・役場 ・転出証明書
・印鑑
直接訪問 本人or配偶者
(同一市内の場合)
転居届の提出
地域の役所・役場 ・印鑑 直接訪問 本人or配偶者
印鑑登録の手続き 地域の役所・役場 ・印鑑
・身分証明書
直接訪問 本人or配偶者
国民健康保険への加入 地域の役所・役場 ・印鑑
・転出証明書
・身分証明書
直接訪問 本人or配偶者
国民年金の登録 地域の役所・役場 ・印鑑
・国民年金手帳
直接訪問 本人
母子手帳の登録変更 地域の役所・役場 ・印鑑 直接訪問 本人or配偶者
子供(児童)手当ての
手続き
地域の役所・役場 ・印鑑
・振込先の口座番号
・前年度住民税の
課税証明書
または所得証明書
・請求者本人の
健康保険証
直接訪問 養育者
運転免許の住所変更 警察署
or運転免許センター
・印鑑
・住民票
直接訪問 本人
自家用車の住所変更 引越し先の
管轄運輸支局
・印鑑
・車検証
・車庫証明
・住民票
直接訪問 本人or配偶者
軽自動車の住所変更 引越し先の管轄
軽自動車検査協会
・印鑑
・車検証
・車庫証明
・住民票
直接訪問 本人or配偶者
バイクの住所変更 地域の役所・役場 ・車検証など 直接訪問 本人or配偶者
子供の学校の転校届け 教育委員会&通う学校

・住民票
・転入学通知書
・在学証明書
・教科書給与証明書

直接訪問 保護者
電気の利用開始の連絡 郵送 使用開始連絡はがき 郵送 本人or配偶者
水道の利用開始の連絡 郵送 使用開始はがき
or水道使用開始申込書
郵送 本人or配偶者
インターネットの開通 プロバイダー会社 電話orネット 本人or配偶者
パスポートの住所変更 各都道府県の申請窓口 ・戸籍謄本
・住民票
・パスポート
直接訪問 本人

これらの手続きをしなければTSUTAYAでレンタルカードも作れません!
これは大問題です!

早速手続きを進めていきましょう。

手続きをパパッと済ませるための流れ

引っ越し後の手続きには流れがあります。

  1. 市役所(区役所・町・村役場)の手続き
  2. 免許や自動車関連の手続き
  3. 学校、生活に関する手続き

注意点としては、
流れに沿って進めなければ、必要な書類が用意できません!
そのため必ず役所の手続きからやっていく必要があります。

ということで、流れに沿って説明をしていきます。

1.市役所(区役所・町・村役場)の手続き

まず一番最初にやるのは役所でやる手続きです。
具体的には以下のとおり。

  • 転入届の提出(同一市内での引っ越しなら/転居届)
  • 印鑑登録の手続き
  • 国民健康保険への加入
  • 国民年金の登録

※私の引っ越し先の転入届はこんな感じです↓↓↓
住民異動届

(子どもがいる場合はプラスで以下の内容も)

  • 母子手帳の登録変更
  • 子ども(児童)手当ての手続き
  • 子どもの学校の転校届け

これらは転出届、印鑑、健康保険証、年金手帳など必要な書類を持っていけば、
市役所内で全て手続きを済ますことができます。

そして、手続きをパパッと済ます、最大のコツは・・・
役所に設置されている案内所(案内係)の担当者に、
何課に行って、どんな手続きをすれば良いのかを聞くこと!

必要なものさえ持っていれば、あとは現地に行けば全て教えてもらいます!
自分であれこれ考えるよりも案内所など使えるものは全て活用しましょう。

1つ1つ対応をしなければいけないため、とっても面倒ですが、この手続きをしなければ住民票なども発行されませんので、漏れなく対応するようにしてください。

※注意
免許やマイカーを持っている人は、次のステップで免許証の
更新をする必要があるため、住民票を1部もらうようにしてください。

2.免許や自動車関連の手続き

次のステップでは免許と自動車関連の住所変更をしてください。

警察署や免許証更新センターで免許の住所変更はできます。

免許証の住所変更

免許証は各地域に点在している免許証更新センターに行けば、変更することができます。

このときには以下の書類を持っていってください。

  • (以前の住所が書かれている)免許証
  • 印鑑
  • 新しい住民票
  •  

あとは警察署や免許証更新センターに置いてある以下の書類を
現地で記載して、必要資料と一緒に提出すれば手続きができます!
警察署や免許証更新センターで免許の住所変更はできます。

自動車やバイクの住所変更手続き

普通自動車、軽自動車、バイク、それぞれのサイズで手続きする場所が変わりますが、大半は住んでいる地域を管轄している陸運輸支局に行って登録変更をします。

このときには

  • 印鑑
  • 車検証
  • 車庫証明
  • 住民票

を持っていけば手続きを済ますことができます。

地方で生活するには自動車は欠かすことができないものですので、
住民票を手に入れたら、すぐにでも住所変更をするようにしてください。
※自動車の細かな住所変更方法は「自動車の住所変更方法」をご参照ください。

3.生活に関する手続き

最後は生活に関する手続きをパパッと済ませましょう。
必要となるのは以下の4つ。

  • 電気の利用開始&支払い方法の連絡
  • 水道の利用開始&支払い方法の連絡
  • ガスの支払い方法の連絡
  • パスポートの住所変更

電気・水道・ガスについては郵送で変更・支払い方法の連絡ができますので、後回しにせず、引っ越しの手続きを済ませた勢いでパパッと対応してください。

パスポートについては、すぐにでも海外旅行・出張に行く予定がなければ住所変更をする必要もないですが、急遽海外に行くこともありうるので、手続きが必要だと言うことは覚えておいてくださいね。

以上で、引っ越しの手続きは全て終了となります!

ここまでで約2ヶ月!

結構やることは多いように感じるかもしれませんが、
1つ1つ順番に済ませていけば、パパッと終わらせることができます。

何度も言いますが、大事なのは後回しにしないこと!
そうすることで、ストレスなく引っ越しを終わらせることができると覚えておいてください。

そして、引っ越しを終えた方は、本当にお疲れ様でした。
新居での快適な生活ができることを心から願っています。

※学校の転校届けについて(公立の小・中学の場合)

子どもの転校の手続きについては、教育委員会(大体同じ役所内にある)に新しい住民票を持っていくと、入学する学校の指定を受け、転入学通知書を発行してもらえます。

その上で、指定の学校に行き以前の学校から発行された在学証明書、教科書給与証明書と併せて転入学通知書を提出すれば手続きは完了です。

高校や私立の小・中学校など、詳しい手続きは
学校を転校するときの流れ(公立・私立・高校)」をご参照ください。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはCMでもおなじみの「引越し侍」。
全国190社の中から最大10社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し侍はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について