1. トップページ
  2. お仏壇の引っ越し

お仏壇の引っ越し

お仏壇も引っ越しさせるときの礼儀作法について説明をします。
お仏壇を移す場合には3つの手順が必要となります。

  1. 位牌とご本尊の魂を抜く「精抜き」を行う
  2. 現在住んでいる家の一番最後に出し、新居では一番初めに入れる
  3. 新居に設置後、位牌とご本尊に魂を入れる「精入れ」を行う。

宗教・宗派・地域ごとに「精抜き」「精入れ」などの呼び名は異なり、
「お性根抜き・入れ」「開眼法要」などと呼ばれています。

精抜きと精入れについては、宗派のお寺さん(檀家があればそちら)に
お願いをしてやってもらうことになります。

費用は大体10,000~30,000円程度。
プラスしてお茶代や交通費も発生しますので、依頼時に相談してください。

浄土真宗のお寺に質問したときの返答↓↓↓
浄土真宗のお寺からの返答

臨済宗のお寺に質問したときの返答↓↓↓
浄土真宗のお寺からの返答

これが礼儀作法となります。

お仏壇を引っ越しするときの流れ

この精抜きや精入れはお寺さんにお願いすることになりますので、
前もってスケジュールを組んでおくと良いですよ。

  1. 引っ越し1ヶ月前
    お寺さんに精抜きの依頼をする
  2. 引っ越し1週間前~前日
    お寺さんに来てもらい精抜きをしてもらう
  3. 引っ越し当日
    お仏壇を最後に出し、最初に入れてもらうようにお願いする
  4. 引っ越し後
    お寺さんに再び来てもらい精入れをしてもらう
    ※精抜きをしてもらったお寺さんにお願いするのが一般的。
    遠方の場合は、精抜きをしたお寺さんに相談してみてください。

このような流れで進めることができればベスト。

注意点としては、引っ越し当日に精抜きをするとなると引っ越しが
バタバタしますので、前もってやっておくようにしましょう。

荷造りの方法

精抜きをした後にはお仏壇も荷造りをしてください。

仏具・照明・簡単に取り外しができる装飾
1つの段ボールにまとめて梱包するようにして下さい。
高価な仏具などについては自分の手で持っていった方が安全です。

お仏壇本体
引っ越し業者に依頼をするのであればお任せしてしまいましょう。

仏壇の装飾というのはとても繊細にできています。
無理に取り外しをするのは危険。壊さないように細心の注意を払ってください。

最後に一言アドバイス

ここまで説明をしましたが、
これらの礼儀作法は100%やらなければいけないというものではありません。

引っ越し前にお仏壇に手を合わせて「これから引っ越しをします」
と挨拶をすれば良いという考えもありますので、やるかどうかの決定は個々人で決めてください。

特にご年配の方と同居している場合は、このような礼儀作法に厳しいこともありますので、
事前に話をしておくことをオススメします。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し達人はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について