1. トップページ
  2. 引っ越し蕎麦を食べる理由

引っ越し蕎麦を食べる理由

引っ越しと言えば「お蕎麦」と考える人もいるはず。

引っ越しをしたら、お蕎麦を食べるのが風習だと思っている人も
多いのではないでしょうか?

実は正式には「お蕎麦を食べる」のが大事なのではなく
「お蕎麦を近隣の人に振る舞う」というのが風習としては正しいようです。

最近ではこのような風習がなくなってきたために、
自分たちでお蕎麦を食べるようにとらえている人もいるみたいですね。

そもそも、この風習は江戸時代中期に生まれたそうです。

お蕎麦を配る前までは小豆粥を重箱に入れて向こう三軒両隣に配るという
風習があったようですが、庶民にとっては小豆粥だとどうしてもお金がかかりすぎる。

であれば、安く用意できるお蕎麦を振る舞っちまおう!
ということでこの風習が作られていったそうです。

お蕎麦を選んだ理由としては「おそばに末永く」「細く長いお付き合いを」
という洒落と願がかかっていたのも理由だそうです。

まぁ、つまりは安く引っ越しの挨拶をしてしまおうというのが
根底にはあるということですね。

近年ではお蕎麦を配るという風習もなくなりつつあり、
さらに引っ越しの挨拶をしに行くということも少なくなっています。

「隣近所にどのような人が住んでいるかもわからない」
ということを平気でいうような時代ですからね。

時代だから・・・という一言で片付けるには少し寂しい気もします。

お蕎麦を配るまではしなくても良いですので、簡単なお菓子や品物をもって
挨拶をしに行くくらいのことはしても良いかな、と私は思います。
参考→引っ越しの挨拶のルール

こういうことを感じるのは自分が親になり、少し年を取ったからでしょうね(笑)

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し達人はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について