1. トップページ
  2. 小学校・中学校・高校の転校の手続き(公立・私立)

小学校・中学校・高校の転校の手続き(公立・私立)

小・中・高校生の子どもがいる場合は転校の手続きをしなければいけません。

パターンとしては3つ

それぞれの転校方法について、詳しく説明します。

公立の小・中学校の場合

転校するために必要な書類

 
必要書類 用意する場所 補足説明
在学証明書 現在通っている学校 学校が用意してくれます
教科書給与証明書 現在通っている学校 学校が用意してくれます
転校届(転学届) 現在通っている学校 学校が用意してくれます
転入学通知書 新居先の役所 新居先の役所にいけばOK

転校までの流れ

小・中学校は義務教育ということもあり、このパターンが一番多くの該当者がいるはずです。

そして、公立の小・中学校にも市内への転校と市外への転校の2パターンがありますので、
それぞれの流れを説明します。(私立→公立に転校する場合も一緒です)

引っ越しやることリスト

市内への転校

  1. 現在在学している学校へ連絡(電話でも直接訪問でもOK)
  2. 在学している学校から「在学証明書」と「教科書給与証明書」を受け取る
    ※子どもへの手渡しか親が直接訪問して受け取ることになります。
    ※地域によっては「転校届(転学届)」という資料を提出する必要があります。
  3. 役所で転居の手続きをする
  4. 「転入学通知書」をもらう
  5. 新しく入学する学校に「転入学通知書」「在学証明書」「教科書給与証明書」を提出する
  6. 手続き完了

市外への転校の場合

  1. 現在在学している学校へ連絡(電話でも直接訪問でもOK)
  2. 在学している学校から「在学証明書」と「教科書給与証明書」を受け取る
    ※子どもへの手渡しか親が直接訪問して受け取ることになります。
    ※地域によっては「転校届(転学届)」という資料を提出する必要があります。
  3. 現在住んでいる地域の役所で転出手続きをする
  4. 新しく住む地域の役所で転入手続きをする
  5. 住民票を教育委員会に提出すると「転入学通知書」をもらえる
  6. 新しく入学する学校に「転入学通知書」「在学証明書」「教科書給与証明書」を提出する
  7. 手続き完了

地域によって多少は違うものの、基本的な流れは以下の通りです。

学校・役所・教育委員会・新しい学校の4カ所で手続きをすることになるため、引っ越しが決まったら、なるべく早め早めに動き出し、引っ越し後に子どもがすぐに学校に入れるようにするのは親の勤めだと覚えておきましょう。

公立の高校の場合

高校は義務教育ではないため転校の手続き方法が小・中学校とは違います。

流れとしては以下の通りです。

  1. 現在通っている高校に転校の連絡をする
  2. 在籍証明書、成績(単位修得)証明書、在籍校校長の転学照会書を受け取る
  3. 入学を希望する高校に電話で転校が可能かを確認する
    ※多くがその高校に欠員がいなければ受け付けてくれません。
  4. 再度編入試験を受ける
  5. 合格したら、入学するのに必要な書類を提出する
  6. 手続き完了

つまり、高校は100%希望の学校に転校できるわけではない!ということを覚えておいてください。特に受験難易度の高い高校は欠員していない場合や、お子さんが入学試験に通過できない可能性もあります。その点は事前に理解をしておいてください。

補足:高校への転校は県外からの引っ越ししか受け付けない!?

実は高校の転校は原則引っ越しでなければ受け付けません。
なぜなら、高校受験に失敗した人が半年後に再度転校のシステムを使って受け直すことができてしまうからです。そのため引っ越し以外の理由で転校する場合は、地域の教育委員会に相談するようにしてくださいね。

私立の中・高校の場合

私立中・高校へ転校する場合は、こちらも転校を受け付けている
学校があるかを確認する必要があります。

注意すべきは教育委員会ではなく「都道府県私学協会」に確認する必要があるということ!
転校先の管轄協会に連絡をして、受け付けている学校があるかを確認して下さい。

その後の転校の流れは公立とほぼ一緒で、現在通っている学校から必要な書類と受け取り、
新しく学校へと提出すればOKです。

以上が転校までの流れです。

子どもが引っ越し先で「通う学校がない!」ということにならないように
最優先に手続きをパパッと済ませてくださいね。

また、子どもにとって転校とは大切な友達と別れ、環境が大きく変化することになります。親の見えていないところで大きなストレスと抱えることになります。

ですので、子どもが転校するときには子どものメンタルのケアをすると同時に、子どもが新しい学校で打ち解けることができるか、半年くらいは注意深く観察するようにしてくださいね。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさん、アークなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し達人はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について