1. トップページ
  2. 結婚するときの引っ越しの手順

結婚するときの引っ越しの手順

結婚することになったために引っ越しをする人もいますよね。

2人の新しい生活を始めるためにも、
スムーズに引っ越しができるようにその手順を説明します。

※チェック!~引っ越しと婚姻届はどちらを先にやるべきか?~

結論、引っ越しを先に済ませてしまう方が楽ちんです。

流れとしては、
転出届の提出→引っ越し→(新居先で)婚姻届の提出→転入届け

この流れで進めることで氏名や住所変更を一度に済ますことができます。

でなければ、転入届を提出した後に、また氏名変更をしに行かなければ
いけなくなるため、少し手間がかかります。

婚姻届を提出する日(=結婚記念日)はこだわりたい!
という考えであれば、無理にこの流れにする必要はありませんが、
特にこだわりはなく、効率的に手続きを進めたいのであれば参考にしてください。

上記のチェックポイントを踏まえて、
結婚をするときにおける理想的な引っ越しの流れをまとめました。

結婚での理想的な引っ越しの流れ

半年前/新居を探そう

新居探し

2人で新しく住む家を決めるのですから、そう簡単には決まりません。
理想としては半年くらい前から新居を探し始めるのが望ましいです。

それぞれの希望条件と家賃などの現実的な問題を踏まえながらも、
納得できる家探しをしてくださいね。
(私のこだわりはここ→新居探しのコツ

なお、一戸建てを建てる場合には3ヶ月~半年くらいの 期間を
見ておいた方が良いです。

3ヶ月~2ヶ月前/新居の準備を進める~

新居の決定

住みたい場所が決まったら管理会社に連絡をしてください。
決定前には管理会社と大家さん側で入居審査があります。
子供やペットが居る場合などで審査結果も変わりますので、
正直に誰が住むのかを伝えてくださいね。

引っ越し業者探し

2人分の引っ越しが必要となります。希望日に引っ越しができるように
新居が決まったらすぐにでも引っ越し業者を探してください。
業者を探すコツはここ→「複数の業者から見積もりを取らないと絶対損する理由

家具・家電探し

大型の家具・家電はなるべく早めに購入しておくことをオススメします。
これらも人によって好みが違いますのでパートナーと一緒に選ぶと良いです。
新居が決まっていれば引っ越し先に郵送してもらうのが望ましいです。

1ヶ月前/引っ越しするために準備を進めよう

各種手続きを進める

電気・ガス・水道などの解約や契約、役所での各種手続きなどを
進めてください。
詳しくはこちら→「パパッとパパ直伝!引っ越しやることリスト

新姓の印鑑を作る

婚姻届を提出する前でも印鑑を作ることはできます。
バタバタする前に印鑑を作っておくと婚姻届を提出した後から、
すぐに利用できるのでオススメです。

引っ越し後/引っ越し後の手続きをしよう

婚姻届を提出する

転入届を提出する前に婚姻届を提出した方が、住所・氏名変更が
一度で済むために効率的です。

引っ越し後の手続き

婚姻届を提出した後に、転入届の提出や免許の住所変更などをしてください。
やるべきことはこちら→「引っ越し後~14日以内にやること

婚姻届の提出日は2人にとって一生に一度の記念日。

変に効率的にならなくても良い、というのが私の考えですが、
そこにこだわりがないのであれば、参考にしてみるのも良いと思います。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはCMでもおなじみの「引越し侍」。
全国190社の中から最大10社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し侍はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について