1. トップページ
  2. 事前に新居のレイアウトを決めておこう

事前に新居のレイアウトを決めておこう

引っ越し作業をする前には新居のレイアウトを考えておくことをオススメします。
事前に考えておく理由として、

1.何を新居に持っていくか、購入するかを決められる

家具・家電は新居のサイズに合わせて検討しなければいけません。「大型の家具・家電をお金をかけて持っていったけど、結局使わなかった・・・」ではもったいないですからね。また収納のサイズ次第では、タンスの中にあるものも大量に捨てる必要がでてきます。

2.部屋ごとに分けて梱包することができる

梱包をするときに運び入れる部屋だけでなく、どこに収納するのかも決めておけば梱包のスピードもかなり素早くできるようになります。また、開封作業時に「これはあそこにおいて・・・」などと考えず、ポンポン片付けられるのもメリットです。

3.引っ越し業者への指示出しが楽!

新居に運び入れるときに、その場で考えながら指示を出すのと「そのダンボールは奥の部屋に!」と具体的に指示を出すのとでは大きな差があります。意外とその場で指示を出すのって難しいんです。レイアウトを決めておけば、楽に指示を出せて良いですよ。

このような理由から事前にレイアウトを考えておくべきなのです。

では、どうやってレイアウトを考えていけば良いのか?
パパッとパパなりのアドバイスをしますね。

パパッとパパが教えるレイアウトの秘訣

最初に結論をお伝えすると、
レイアウトは・・・自由です!細かいルールなんてありません。

ルールに縛られて気にくわない配置になるよりも、
あなたの好みで配置をするのが正解なのです。

それを踏まえたうえで、私の経験からのアドバイスをします。

大型の家具・家電から配置を決めよう

まずは大きな面積を占める大型の家具・家電から配置をしましょう。ちなみにテレビの配線、PCや電話の配線(電話線を使う場合)、エアコンの設置場所というのは基本的に場所が決まっていることが多いので、そこは事前に確認しておくと良いですね。

収納スペースに何を入れるかを決めよう

収納というのは限りがあります。どこに何を入れるのか?というのを決めるようにしてください。収納の下の部分に布団や洋服を入れる場合は、通気性を考えて下にスノコなどを引くといった工夫をすると良いですよ。

はじめはできるだけ物を置かない!

目標はできるだけ物が少ないシンプルな部屋!普通に生活をしていくと自然と物が増えていきます。引っ越した直後から既に物が溢れていると、今後のものが増えた時に入りきらず、片づけづらい&片づけられない部屋になってしまいます。そうならないためにも、できるだけ持っていくものは少なくするようにしましょう。

以上がパパッとパパなりのアドバイスです。

新居のレイアウト決めというのは、とても楽しい作業です!
自分なりの新生活をイメージして、ワクワクしながら決めていってくださいね。

引越し料金を安くしたいなら

私が3回目の引越しをした時、複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、
一番高い業者と一番安い業者の差はナント7万3000円にもなりました。

私が利用したのはCMでもおなじみの「引越し侍」。
全国190社の中から最大10社に一括見積もりができて、一発でどこが1番安いのかスグにわかります。入力はとても簡単。3分で終わり、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。

同じ引っ越しなら、少しでも安くしたいですよね!

引越し侍はこちらです

引越し業者の一部

※引っ越しでクルマが不用になる人へ
→「不用になるクルマをイチバン高く買ってもらう方法」も参考にしてください!

運営者情報

引っ越しやることリスト(完全版)

時系列で漏れ無く、やることリスト

タイプ別やることリスト

各種手続きについて

実践レポート

新居探し・契約に関して

引っ越し業者に関して

物の処分・搬送について

手続きで気になること

こんな人はどうするべき?

引っ越し関する豆知識

サイト運営について